ついに漁師の方がビーチマネーに賛同してくださいました!

南伊豆で漁業を営んでいるダイゴ丸の漁師こと平山君が、ビーチマネーやマイポケの活動に共感してくれました!

海でゴミ拾いをして、角が取れた3cm以上のビーチグラス1つ(色は何色でもOK)をダイゴ丸に持参すると、その日採れた磯魚1匹と交換してくれます!

珍しいビーチグラスの色や形をしたものを持っていき、海に対する熱い想いなども平山君へ伝えれば、もしかしたら、小っちゃな伊勢海老や写真の真鯛などと交換してくれるかもしれませんよ^^。

daigo001

以下、彼からのメッセージです。

「知人の紹介で、ビーチマネー事務局の堀君に出会い、ビーチマネーのことを教えてもらいました。ビーチグラスを探したり、ゴミ拾いをすることで海の事を考え、大切にするとても良い活動だと思いました。また、海だけでなく山や川もすべて繋がっているという考えのもと、あらゆる身の回りのゴミを減らそうと考えられた「My Little Pocket]の活動にも共感し、漁師としてぜひ参加したいと思いました。海、川、山がキレイになり、そのおかげで豊かになると思うので、その豊かな海で捕れた魚でお礼が出来たら最高だなぁと思いました。」

本当に嬉しい限りで、こうして日々、ビーチマネー事務局のある南伊豆町で確実にビーチマネーの輪が広がっています。

daigo003
daigo004

きっと、山の保全をしている南伊豆町の林業事業体もビーチマネーの活動に賛同してくださると思います。

既に無農薬のお米を生産し、僕自身も購入させてもらっている大喜米の大ちゃんは、ビーチマネーに加盟してくれています(ちなみに、100~500円分のお米と交換してもらます)。

山、田んぼ、海・・・第一次産業に携わる生産者の方々がビーチマネーの動きに加わってくださること、これは非常に新しい動きであり、この活動を始めた当初からの願いでもありました。

全国の第一次産業に携わる方々、ぜひ、一緒にビーチマネーの活動をやりませんか?

現在、16都道府県、ハワイ、台湾含めて、151のビーチマネーショップが加盟してくれています!

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ