ウェットスーツを端切れを使った”ビーチコーミングバック”作り。

5月16日(土)にパタゴニア鎌倉ストアでウェットスーツの端切れを使って、ビーチコーミングバックを作り、その後、皆で由比ヶ浜のビーチでビーチクリーン&ビーチコーミングをするワークショップに講師として参加させていただきました。

感想は、めちゃくちゃ楽しかったです!

20150518 (5)

そして、やっぱり、このウェットの端切れを使ったビーチコーミングバックは凄くお勧めです。

自分の古くなったウェットをチョキチョキと切って、針と糸とボタンがあれば、誰でも簡単にできます。特に裁縫が得意な方なら、きっと素晴らしいものができあがるでしょう。

20150518 (10)
20150518 (6)

20150518 (8)

20150518 (7)
20150518 (9)

当日、ビーチマネーの活動で写真を専属で撮ってくださっているプロカメラマンの竹之内さんも駆けつけてくださり、たくさんの素敵な写真を撮っていただきました。全ての写真は竹之内さんによるものです。竹之内さん、いつも本当にありがとうございます!

20150518 (11)
20150518 (12)
20150518 (15)

20150518 (1)

20150518 (14)
20150518 (13) 
20150518 (2)

このイベントで印象的だったのが、パタゴニアのスタッフ2名とのフィードバックの時間です。参加者25名様のうち、23名様が「非常に良かった」にチェックをしてくださり、残り2名様が「良かった」というとても嬉しい結果だったのでが、3人で意見交換をしていると、、、

パタゴニアのスタッフの方が、

「折角、ウェットスーツの端切れを使ったイベントだったので、その端切れ自体ももっと端切れが出ないような工夫があったら良いと思いました」

「糸の種類、ウェットの種類、ボタンの種類の全てを”ご自由にどうぞ!”という形で実施することは参加者の方にとっては大変嬉しいことですが、運営者側から見ると、ちょっとそこで時間をロスしてしまったような感じもしました。ですので、次は、ある程度、こちらで準備してしまっても良いのかもしれませんね」

などの意見をいただきました。この意見をとても真面目に伝えてくださるパタゴニアのスタッフの方は、「やっぱり、この会社のメンバーは凄いな!」と思いましたし、とても尊敬できる方々なのです。

20150518 (3)
20150518 (4)
20150518 (16)

パタゴニアでイベントを開催できたこと、本当に嬉しかったですし、学びの多い時間にもなりました。

お客様にも大変好評だったので、来年以降も継続してもらえるよう、パタゴニアの方にちょっと相談してみます・・・笑。

出会えた皆さんに感謝いたします。

※竹之内さんのAOZORA PHOTO OFFICEのFacebookはこちら
※ビーチマネーに募金がされる洗濯用洗剤All things in Natureのサイトはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ