カレットグラスとビーチグラスの違い。

近頃、何でも売っています。

ガーデニングなどの目的で、「カレットグラス」というものをホームセンターなどで購入することができます。

写真は、ピンク、紫、緑のカレットグラスで、どの色もビーチで見つけようとしたら、それはそれは大変レアな色です。

500gで500円ほどで購入できます。

20131018

ですが、よ~く見ると、カレットグラスはほとんど角が削れておらず、機械で削ったことが一目瞭然です。

それに比べ、自然の中で、岩・石・砂利・砂などに研磨され、長い時間を旅してきたビーチグラスは、その丸みや輝きが全く異なります。

カレットグラスをビーチマネーとして使用するなんて、そんなちっぽけなことをしないでくださいね。

ビーチマネーという仕組みは、海を愛する人の繋がりで成り立っているのですから。

海ではゴミ拾いで愛返し、お店ではビーチマネーを愛を持って使う&つながる。

愛には愛で笑。

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ