ビーチグラスのポイント探し。

我が家の子ども達、すっかり、ビーチコーミングにはまってしまいました。

先日のお休みの日、「ビーチグラスが落ちてそうな海岸巡りをしよう~!」ということで、目の前の海岸を通る度に気になっていた2つのポイントを巡ってみました。

1つ目は、砂浜メインのとっても透明度の高いキレイなビーチ。

やはり、そこにはほとんどビーチグラスも貝殻も漂着していませんでしたので、15分ほどで終了。

そこから車を走らせること10分。

2つ目は、砂利が適度に広がる磯場で、普段は人がいる様子もないような場所。

ですが、ありましたよ。

20141223-2

ここにはたくさんのビーチグラスやタカラガイなどの貝殻が漂着していました。

子ども達も我先にと、砂利場に視線を落としつつ、物凄い集中力で一生懸命に探していました。

結局、1時間ほどで、シー玉2つと珍しい色のビーチグラスも2つ見つけました。

それも、見つけたのは子ども達と奥さん。

こういった新たな未開拓の場所を探すというのは、実に楽しいですね。

「やっぱり、あったでしょう!」と自信満々になってしまう僕なのでした。

ビーチコーミングの楽しさは、「どういった海岸に落ちているのかな?」と予測することから始まり、ビギナーズラックもあるし、子どもが凄いレアな漂着物を見つけたりと・・・老若男女楽しめるところにあると思います。

段々と、南伊豆町、下田市のビーチコーミングスポットも分かってきましたよ。

※写真は3人目の長女をおんぶしながら、次男と膝を付きながら、夢中でビーチコーミングしている絵です・・・笑。

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ