九州でのビーチマネー。

先週、九州の博多へ1泊2日で行ってきました。

目的は、九州でビーチマネーに興味を持ってくださっている方々へ会いに行くためです。

着いた当日、博多は雪。

めっちゃくちゃ寒かったのですが、もつ鍋とお酒と素敵な仲間との会話で、そんな寒さは何のその。

ビーチマネーの生みの親であるがんこ本舗のきむちん、ビーチマネーに売り上げの一部が募金される「洗濯用洗剤All tihngs in Nature」の販売元のスローヴィレッジ代表の菊池さん、福岡市でsteady surf staition(NSAの支部長)というサーフショップを営む平川さん、お掃除関連大手企業代表の横尾さん、ASCJという九州では一番大きなビーチクリーン団体代表の松尾さんなどなど、総勢10名ほどで交流してきました。

20141220

感想は、皆さん、とても優しい方達ばかりで、九州でビーチマネーが少しずつ動き出していきそう、そんな感触を受けました。

九州での「ビーチを守ろう!」という姿勢や、「やっぱり、サーファーなんですね!」という何とも心地良いバイブレーションを感じました。

翌日は、きむちんと二人で車にてサンセットライブが行われる糸島まで行こうとしたのですが、あえなく、横浜というビーチで仕事の呼び出しが掛かり、Uターン。。。

現在、九州でのビーチマネー加盟店はパタゴニア福岡ストアのみです。

今後、九州でもビーチマネーショップが少しずつ増えていきそうです。

そして、僕の勝手なイメージは、ビーチマネー九州本部みたいなものをつくっていただき、九州独自(九州らしい)のビーチマネーの動きを展開してくださったら嬉しいなぁと思うのです。

ビーチマネーの目的は「海をきれいにすること」、その際にビーチグラスを一つのKeyにすること。ここさえぶれなければ、そのエリアごとに自由に展開してもらって良いと思っています。

あまり細かなルールは設けず、各々の自由に発信&活動をしてもらうこと。

これが、ビーチマネーの良さです。

さて、次は、仕事の合間に、関西エリアに足を運びたいなぁと考えています(いつになるかな)。

何でも大切なことは、実際に会い、実際に現場に足を運ぶということですからね。

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ