日本経済新聞に掲載していただきました!

10月6日(木曜日)付けの日本経済新聞(夕刊)の社会面で大きくビーチマネーのことを取り上げていただきました。

ビーチマネー事務局のある南伊豆町では日本経済新聞の夕刊を手に入れることが難しく、ネットで調べてから、隣の下田市にある新聞屋さんに直接購入に行きました。

新聞屋さんの方がとても親切な方で「また何かの御縁があれば買いに来てくださいね!」と1部無料でくださいました。

20161007

さて、内容の方は、添付画像を見ていただければと思いますが、ビーチマネーがスタートした2007年4月からずっとビーチマネーショップとして加盟を継続してくださり、鎌倉市由比ガ浜海岸の正面にドーンとお店を構える麻心の真二さんの写真が出ています。

真二さん、相変わらずの良い表情で、鎌倉では知らない人がいないほどの鎌倉の有名人。

独特な雰囲気を持ち、聞き上手で話し上手の真二さん。

僕もそんな真二さんのファンの一人です(いつだったか朝方までお店で飲んだくれてしまい、真二さんの家にお泊りしたこともありました)。

新聞には「ビーチグラス以外のゴミにつなげていくことが課題」となっていますが、ビーチマネーの大きな役割は以下の2つであると考えています。

◎海へ足を運ぶ第一歩になること
◎目線が砂浜(磯)へいくことで、砂浜や磯の現状を知る

ビーチグラスが落ちている場所には、残念ながらタバコのフィルターをはじめ、ビニール袋、ペットボトルなどの自然に還らない漂着ゴミがたくさん落ちています。

それをまずは1つだけでも、持ち帰る。

まずは、そこから、ワンハンドビーチクリーンから・・・。

僕は僕で、小学校や中学校などへ足を運んで、環境教育の一つとしてビーチマネーをどんどん活用することを考えています。

来週の10月12日(水曜日)はうちの長男の通う小学校の小学3年生を対象に環境出前授業を実施してきます。

ビーチマネーを応援してくださっている個人の方は、海での漂着ゴミ拾いや家庭でビーチマネーに募金のいく洗濯用洗剤All things in Natureを使っていただく。

ビーチマネーショップの方々には、お客様にビーチマネーの取り組みを紹介していただき、ビーチグラスを持ってきた方と海の話をしながら、ささやかなサービスを提供していただく。

ビーチマネー事務局は、その一つ一つの活動をできるだけ分かり易くキチンと報告し、イベントを実施し、パンフレットを制作し、依頼のあった小学校や中学校などで環境出前授業を実施していく。

今後もそんなチームプレーで、できることをこれからも実施していきたいと思います。

ビーチマネーの強みは、多種多様なジャンルの143店舗のオーナーとスタッフと繋がれていること。

引き続き、ビーチマネーの活動に関わっている皆さんと共に、楽しく海をキレイにしていきたいと思っております。

メディアの皆さんも、ぜひ、お力を貸してください。

どうぞよろしくお願いいたします。

PS:数日前、小笠原諸島の母島にも2つビーチマネーショップが誕生しました。お蔭さまで、ひと月に2つくらいのペースでビーチマネーショップが増えております。ご興味のあるお店、会社、宿の方はお気軽にご連絡ください(infoアットbeachmoney.jp)。

2 Responses to “日本経済新聞に掲載していただきました!”

  1. 池田淳子 より:

     新聞拝見しました。
     美しい浜辺のガラスをビーチマネーとして使えることで海岸のごみ拾いにつなげるというお考えは素晴らしいと思いました。が、実際に海岸を汚して見えるのはビーチマネーにならないごみとおっしゃるシーグラスだと思います。
     今後はこの課題に取り組むとの事ですが、実は私はそのゴミの方のグラスを 使ってマニキュアアートでアクセサリーなどを作っています。昨年それらの展示会を行いましたが、かなりの方がいわゆる「海岸のごみ」と知って驚かれ喜んで頂けました。その後も友達などにやりかたなどを教えてほしいと頼まれ皆を夢中にさせました。
     
     私はいわゆるその見た目に美しくない形こそアート心をそそられます。拾ったままの形をいかしてどう変化していくかが楽しみで作っております。

     もし、このような使い方があると知って皆さんが海岸の「ごみのようなガラス」拾いをどんどんして下さるなら素敵な事だなと思います。ご興味があれば参考作品をお送りしますので見て下さい。お役に立てば幸いです。

    • beachmoney より:

      池田様
      素敵なコメントをありがとうございます。
      マニキュアアート、ぜひ、拝見したいです!
      送っていただくのは大変恐縮ですので、写真をメールで送っていただくことは可能でしょうか?
      ぜひ、ビーチマネーのうねりに力を貸してください^^
      infoアットbeachmoney.jp

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ