昔はもっと砂浜が広かったんだけどね・・・

どこのビーチに足を運んでも、地元の人たちが異口同音に語るのは「昔はもっと砂浜が広かったんだけどね」という言葉。

なぜ、そうなってしまったのでしょう?

答えは、ダムの建設、そして、河川工事が主な理由だと言われています。

ダムは、水だけを貯めるのではなく、砂も同時に貯めます。

砂が減ると、砂浜が減少するだけでなく、そこに住む水中生物などにももちろん変化が出てきます。

ビーチマネー事務局は、自然のままの山、川、海がベストであると思っています。

自然災害は必ず起こります。

ですが、それを『人工物で防ぐ』という発想自体がそもそも間違っていると思うのです。

自然災害が起こった時に、それを自然の摂理や先代の知恵や歴史の中からヒントを探り、いかに最低限の被害に留めるか・・・ここが自然と共存していくのに非常に重要なのではないでしょうか。

砂の代わりに海岸に流れ着くのは、人工物のゴミばかりです。

20131003

海に囲まれた我が日本、世界の中でも多くの水資源に恵まれた日本。

そろそろ、日本人が立ち上がる時ではないのでしょうか。

※写真のようなペットボトルやジュースなどのゴミがビーチに落ちていましたら、中に入っている砂を出してから、ゴミ箱へ入れましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ