皆様からのビーチグラス(その50)。

GW真っ只中ですが、皆さん、毎日エンジョイしていますか?

僕はビーチコーミングではなく、磯観察のガイドの日々です^^。

さて、今日も素敵なメッセージとビーチグラスの作品をご紹介いたします。

はじめまして。ビーチコーミングが好きで、貝・シーグラスとお花を合わせたアレンジを作っている者です。全くの自己流ですが、茅ヶ崎メインのシーグラスで作ったペンダントヘッドの画像です。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

20150504

女性らしい、素敵な作品ですね!

僕もこの手のワイヤーラッピングを昔にビーチグラス作家さんから教えていただきまして、それを小学校などの環境学習の際に子ども達とやっていますが、このSさんのワイヤーラッピングも入門編としてはとてもオススメです。

僕の場合はこんな感じです。

20150504-2

これ、今年3月に熱川小学校の小学6年生が自作したペンダントですが、ちょっと器用な子だと2分で1個くらいのペースでつくれちゃいます。

簡単に作り方を紹介しますね。

【必要なもの】
◎ビーチグラス1つ(できるだけ三角っぽいのがお勧めです。底辺に使う部分が真っ直ぐだと使い易いです)
◎2本の20~30cmくらいの銅線(直径0.45mm)を2本(ホームセンターなどで5mくらいで100円もしないで売っています)
◎麻紐1mほど(別に他の紐でも構いません)
◎ラジオペンチ
◎竹串1本

【作り方】
①ビーチグラスの底辺にくる部分を決めます
②2本のワイヤーを真ん中でクロスして、ねじります。その時にねじる長さは①の底辺の長さになります
③②で右側2本、左側2本になっているワイヤーをビーチグラスの底辺に合わせます
④ビーチグラスの表面にワイヤーを2本、裏面に2本という状態にします。その2本ずつのワイヤーをビーチグラスの真ん中(表面と裏面で)に持ってきて1回ねじります(写真では3回ほどねじっていますが、基本は1回です)
⑤今度は、右側にあるワイヤー2本を束にして、ビーチグラスの肩の部分で先端までねじります。同じように左側もやります
⑥先端に集まった4本全てのワイヤーを全てねじります
⑦竹串とラジオペンチを上手く使ってペンダントのトップの部分(紐を通す部分)をクルっと回して写真のようになればOKです
⑧麻紐を予め1つの輪っかになるように片結びで結び、それをトップの部分に通せば、ビーチグラスペンダントの完成です

予備知識としては、ワイヤーをアークスティックワイヤーいうものに変えると、一気に高級感が出ますので、それはそれでGOODです。でも、お値段が銅線に比べると割高です。また、⑧の片結びを8の字結びでやるとほどけ難くなるので更に丈夫になります。

銅線は、例えば、こんなもの
アークスティックワイヤーは、例えば、こんなもの

このワイヤーラッピングなら、小学校低学年くらいからできると思います。

ビーチグラスの楽しさは見つける時ももちろんなのですが、その後、自由にアレンジできるところです。

アートは素晴らしいですね!

ビーチマネー事務局では、皆様からのお宝ビーチグラス、ビーチグラスを使った作品、ビーチクリーンの様子などの写真&メッセージを大募集しております。どしどし、送ってくださ~い。Facebookのメッセージ経由でも構いません。

infoアットbeachmoney.jp
※アットを@に変更してください

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ