第6回ビーチグラスコンテストの結果!

開催当日、朝は雨が降っていたのですが、11時頃から太陽が顔を見せ始め、ビーチクリーンを終えた12時頃の新江ノ島水族館前は、とても良い天気になりました!

そして、予定通り、12時から第6回ビーチグラスコンテストをしました。

20151117 (4)

エントリーは、35名様!

子供から大人まで、遠いところでは静岡県磐田市から参加してくださった強者のファミリーもいたほど。

今回、過去6回のビーチグラスコンテストの中で、間違いなく、一番レアなビーチグラスが集結しました。

審査をする僕も、10個ほどをまとめて「優勝~!」と言ってしまいたい位、素晴らしくレアなビーチグラスが揃いました。

20151117 (3)
20151117 (2)

恐らく、これはアメリカニュージャージー州で開催されているシーグラスフェスティバルでも、優勝候補になったであろうビーチグラスがたくさんあったことは間違いありません。

つまり、本場アメリカにも引けを取らないビーチグラスばかりでした。

なぜなら、真っ赤のまん丸のビーチグラスとか、1万個に1個と言われているキレイに角が取れたオレンジ色のビーチグラスとか、4色混合の楕円形の素晴らしく滑らかなビーチグラスとかが、かすんじゃうほどなのですよぉ!!!

・・・ですが、1位は見た瞬間にすぐに決まっていました。

見事、優勝を飾ったのがこちらのビーチグラス。

20151117

写真は今日、ビーチマネー事務局のある近くの@下田市の多々戸ビーチで撮影したものです。

厚みが1cm以上あり、見事なハート型をしており、水色に少し緑色が混じったようなとってもキレイな色をしていて、中に白と黒のスジのようなものが入っています。

この素晴らしいビーチグラスを持参したのは、茅ヶ崎市のシー玉コレクターとして業界では超有名なエグチさん!

「3位くらいかな~と思って、エントリーしてみたのですが、まさか!」とビックリの様子でした。

そして、「facebookやワードプレスでも今回の優勝賞品は凄いですよ~」と伝えていたものは、こちら。

20151117 (5)

ガラス業界で、超有名な作家さんに、特別に創っていただきました。

ビーチマネーのロゴであります「ビーチグラスのヨット」を優勝トロフィーのモチーフにしていただき、手の平に乗ってしまう、とっても可愛らしいサイズのものです。

エグチさんも大変喜んでくれました。

20151117 (6)

いや~、今回のビーチグラスコンテストは、審査員を務める僕も、たくさんのレアなビーチグラスが見れて嬉しかった半面、超プレッシャーでとても苦しかったです・・・そんな気持ちも正直ありました。

今までは、ちょっと軽いノリでビーチグラスコンテストを開催していたのですが、今回ばかりは、1個1個しっかりと手に取り、それぞれのビーチグラスを太陽の光でかざし、色を見て、しっかりと触れて・・・そんなコンテストにまで成長しました。

もう「世界で一番マニアックなコンテストです!」とは言えないですね。

ここまで来たら、超メジャーを目指します!

エントリーの数、1,000名とか・・・笑。

20151117 (1)

次回の第7回ビーチグラスコンテストは、2016年3月に熊沢酒造のokeba gallery & shopで開催予定です。

皆様、お楽しみに~!

PS:開催にご協力してくださった新江ノ島水族館さん、エントリーしてくださった海が大好きな皆さん、そして、いつも素敵な写真を撮ってくださるAOZORA PHOTO OFFICEの竹ノ内さん、本当にありがとうございました!

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ