辻堂海岸で出会った老人。

ビーチマネー事務局長を務める僕が24歳の頃(今は36歳)、僕は一人で毎朝7時15分~45分の30分間、必ず辻堂海岸のゴミ拾いをしていました。

雨の日も、風の日も、ウェットスーツを着ながらだったり、サーフィンの途中だったり、とにかく4月1日~3月31日までのほぼ365日間、ビーチクリーンしました。

365日の間に、声を掛けてくださった人は、3人。

一人目は、辻堂ビーチハウスの親父さん。
二人目は、昔、辻堂ビーチハウスの隣でパラソルとビーチベッドをレンタルしていた橋本さん。
三人目は、今は亡き司じいです。

その中でも、司じいとは、本当に仲良くさせてもらいました。

一番歳の離れた友人だったことは間違いない事実です。

出会ったその日から、一緒にビーチクリーンをしました。

20131025-2

司じいは、僕に「どうして毎日ゴミ拾いをしているの?」と聞いてくれました。僕は「海がキレイな方が気持ちが良いからですよ」と答えました。

司じいは、僕が1年後にアメリカに留学している間(約1年間)も一人で辻堂河岸のビーチをキレイにしてくれました。

英語が好きで、マクドナルドのハンバーガーとポテトとコーラが好きで、映画が好きで、音楽が好きで、海が好きで。

よく一緒に湘南の小学校へ行って、海のこと、ゴミのこと、戦争をやってはいけないということなどを、一つの紙芝居に司じいが仕上げ、それを二人のコラボレーションという形で小学校を回りました。

きっと今でも、天国で僕の動きを観察し、応援してくれていると思います。

そう思うと、「良し!やるぞ!」「見ててね」となるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ