高知県土佐清水市竜串の「桜浜」に流木メッセージボードを設置完了!

高知県土佐清水にあるビーチマネーショップのBLUE BLUEのオーナーこと”ちこちゃん”が、海を愛する仲間の方々と一緒に竜串の「桜浜」というビーチに流木メッセージボードを設置してくださいました!

Google Mapで調べてみますと、徒歩圏内で足摺海洋館、海中天然ミュージアム足摺海底館、海のギャラリーなど、四国の最南端(土佐清水市)の場所だけあって、地図を見ているだけで、海好きにはワクワクするような場所です。


ビーチマネー事務局のある静岡県賀茂郡南伊豆町の弓ヶ浜に続いて、2箇所目の設置になります。

ちこちゃんのお友達である竜串振興会の方々のご協力のおかげで、環境省への書類申請もスムーズに進み、国立公園に指定されている桜浜への許可も正式に降り、流木メッセージボードの設置が無事に完了したということでした。

これ、実際に制作をしてくれたのが、僕の大学からの友人O君のご家族&お友達で、湘南の茅ヶ崎市在住の仲間です。

と色とりどりのビーチグラスで「SAVE THE BEACH」とキレイに描かれていて、10枚ほどあった流木メッセージボードの中でもひと際目立っていた存在でした。

これ、きっと、僕の友人たちも感無量だと思います。

今回、この流木メッセージボードの企画を提案してくださった”たけちゃん”と”長谷川さんファミリー”には、本当に心から感謝しています。

こうして、できることを、海を想うたくさんの仲間の力が集結し、結果を出せたこと(看板をビーチに設置できた)、本当に嬉しく思っています。

きっとこの流木メッセージボードがあることで、今よりもビーチはもっと輝くことは間違いありません。

そういう不思議なパワーがこの流木メッセージボードにはあります。

また、もう一つの流木メッセージボードも無事に設置ができそうです。

「もう一つのMessageボードは大岐ビーチ真ん中、海に抜ける一等地を環境省、市役所、大岐地区の了承を得て確保しました♡」

もう、ちこちゃんの行動力にただただ頭が下がります。

これは、今年中に僕も実物を見て、竜串振興会の皆さんにご挨拶しに行かないと・・・と思っております^^。

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ