黒いビーチグラス。

ウィキペディアによれば、

黒のシーグラスは1860年代以前のガラス、正確には暗いオリーブグリーンのガラスに由来するものが多い。またオーストラリアの海岸で発見される黒のシーグラスは、1940年代のビール瓶のものである。このシーグラスの希少性は、ビンの生産時にガラスと共に(色付けのために)成分不明の物質が使われた事による

とある。

20140212

確か、数年前に湘南のビーチで見つけたのが、この黒いビーチグラス。

黒いビーチグラスを見つけることが相当難しいなと思うのが、見た目、石との区別がほとんど付かないという点。

一生懸命探していても、そうそう、簡単には見つからない。

中腰で砂浜に視線を落としながら「あれは、きっと石だもんなぁ」と通り過ぎ、「ん?何となく違うかも?」という感じで、再度、その場所に戻って、それを手に取り、「これ、ビーチグラスじゃん!」となる感じです。

黒いビーチグラス、かなりのレア物です。

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ