枠を飛び越えて、皆で一緒に。

明日の1月19日(日曜日)は、新江ノ島水族館前のビーチ(片瀬西浜海岸)でビーチクリーンがあります。

お時間のある方は、11時に集合していただき、江の水が用意してくださるトング、ゴミ袋、軍手をお借りして、12時まで海岸清掃しましょう。

明日は僕も湘南まで足を運びますので、ぜひ、ご一緒できるかたは、一緒にやりましょう~。

それと、今日、朝の8時半頃に、一人で弓ヶ浜のゴミ拾いをしました。

20140118-2

こんなにキレイな日本渚百選の1つであります弓ヶ浜のビーチにも、よ~く見て歩いてみると、15分もすれば、バスケットボールほどのゴミ袋があっという間に一杯になってしまいます。

拾ったものは、ビニール袋、ガラスの欠片、鉄線が錆びたもの、煙草のフィルター、お弁当などに入れる醤油の入れ物、農作業などで使うのかな?そんなネットなど。

この弓ヶ浜のビーチを本気でゴミゼロにするには、海流を調べ、その海流で辿った先のビーチもキレイにし、弓ヶ浜へと流れている川(青野川)をキレイにし、その川岸をキレイにし、川沿いの森や町をキレイにすることが必要です。

それを行うには、南伊豆という小さな町でも、一人では残念ながら数十年、数百年と掛かるでしょう。

だから、人と人との繋がりがとても重要で、一人でも多くの人とやることが必要です。

海、川、山、町を繋ぐストーリーが必要です。

老若男女の誰もが参加したくなる楽しい仕組みが必要です。

その場所がキレイになることによって、人が笑顔になり、人が集まり、地域が生き生きとし、県外などにもメッセージを発信し、たくさんのお客様がやってきます。

そんなことを、色々な地域で、自然を想う熱心な方達と繋がりを持ちながら、日本全国のあちこちでやっていければ、それはそれは、素晴らしいと思うのです。

サーファーとか、カヤックとか、釣り人とか、漁師とか、そういった枠を飛び越えて、皆で一緒に。

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ