錆びた鉄くず。

先日の1月19日(日曜日)に新江ノ島水族館の主催している定例ビーチクリーンにビーチマネー事務局も参加してきました。

天気も良く、富士山もキレイに見えて、ちょっと風が強かったですが、それでも30名くらいの親子連れの方達が中心に、ビーチクリーンに参加をしていました。

20140125

この日、風が強かったので、軽いゴミはほとんどなく、比重の重いゴミが、砂や砂利に埋まっているという状態でした。

写真を見て分かるように、錆びた鉄くず(釘などを含む)や鋭利なガラス片がたくさん落ちていました。

錆びた鉄くずの発生源は、夏季の海の家を解体する際に出たゴミで、それらが潮風や潮水で錆び、このような形で海岸に残っているものだと思われます。

20140125-2

小さな子どもが、まだ鋭利な状態+錆びた状態の釘などを裸足で踏んだことなどを考えるだけで、「裸足で歩かせるのは怖いな」・・・となってしまいますよね。

海に遊びに来るお客様を商売の相手にする海の家は、こういったゴミ問題についても徹底的に管理して欲しいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ