台湾の澎湖島のビーチマネーショップの方々。

台湾での2つのビーチマネーショップであります花梨客棧(民宿・ゲストハウス)、鹹水號(軽食、ギャラリー)を繋いでくださっております大変親切な日本人の方から写真が届きました。

こんなBIG SMILEな写真が届くと、本当に今すぐ会いに行って、国際交流をしたくなってしまいます。

20161127
20161127-2

こういう出会いがあると、ビーチマネーの活動をしていて、本当に良かったなぁと思いますし、25・6歳の頃に日本を飛び出して1年間の海外へ放浪の旅に出掛けた経験があって良かったなぁと思います。

はい!ビーチマネーの活動は、これから世界へどんどん露出していきたいと思っております。

今、ハワイで仕事をしている友達やハワイのビーチマネーショップの方々にご協力していただき、徐々にビーチマネーの輪をハワイでも浸透していければと思っています。

ですから、最近は諸々のビーチマネーの文書を英訳する作業が続いております(英訳は友達にお願いし、僕はそれを見て、「なるほど~ここはこうなるんだぁ~」などと勉強しています)。

20161127-3
20161127-4

台湾の澎湖島のビーチの写真を見ますと、たくさんのサンゴと一緒にビーチグラスが漂着している様子がよく分かります。

台湾の澎湖島、ぜひとも、行ってみたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ