僕の仕事。

ビーチマネー事務局長を務める僕の仕事は『環境教育』という分野になります。

もうかれこれ、13年ほどそういったことをやり続けています。

18歳の夏にサーフィンにどっぷりはまり、自然の素晴らしさを再認識し、大学卒業後の24歳の湘南の海で「どうして海がこんなにもゴミだらけなのだろう?」ということを感じ、環境という分野に興味を持ち始め、色々な地域や国に足を運び、たくさんの人に出会い、本を読み漁り、そんなことをして、僕の出た答えは『環境教育』という言葉でした。

海に流れ着くゴミ。

このゴミ問題を解決していくには、人間の教育無しでは解決しない、最終的にはそこに辿り着いたのです。

そして、その教育方法は、分かりやすく、シンプルで、楽しく、誰でも理解できる(感じられる)方法で無いと輪が大きくなっていかないと思ったのです。

それが、自然の中で五感をフルに開放して、自分を解き放ち、ありのままの自然をダイレクトに吸収していく、現場を通しての「自然体験」であり、それこそが、環境保護ということに対する、一番の早道&近道&確実な道であると思ったのです。

それからというものの、ビーチマネーをはじめ、環境問題を、楽しく、リアルに、face to faceで伝えることを大切に、ずっとやっています。

20140330-2

その一番の旬な僕の仕事が、小学生を対象にした「エコサーファー冒険くらぶ」という@南伊豆で春・夏(2回)・秋の年4回開催しているキャンプです。

今年もたくさんの可能性を秘めた小学生のキッズに会えることを楽しみにしています。

ぜひ、たくさんのシェアや宣伝をよろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ