「2013年12月」の記事一覧

海をきれいにする洗濯洗剤。

ビーチマネーの目的は「海をきれいすること」 それと同じ目的を持ち、1日で94%を生分解する洗剤「All things in Nature」をビーチマネーでは自信を持ってオススメしています。

ステンドグラス風のランプ。

米軍の町、横須賀にドブ板通りと呼ばれる通りがあります。 その通りにアウトドアショップのKadoyaはあります。 中にはGOATEXのジャケット、フリース、パンツ、帽子、リュックなど、ありとあらゆるアウトドアグッズが陳列さ・・・

とっておきの。

今日はメリ~クリスマス!・・・ということで、スペシャルな4つのビーチグラスを一気にご紹介。

素晴らしい画びょうたち。

ビーチマネーのFacebookに書き込みのあった@高知県のBLUEBLUEさんの画びょうです。画びょうの上にビーチグラスと貝殻が乗っていますね。

社会学者の西田くん。

6年くらい前に慶応大学の政策・メディア研究科の学生が、「ビーチマネーのことで色々とお聞きしたいです」とメールをくれたことがありました。僕は当時、とにかくバタバタで、しばらく連絡をしなかったのです。それでも、3回くらい連絡があって、それでようやく会うことになったのです。それが西田くんとの出会いでした。

洗濯用洗剤「All things in Nature」の生みの親。

さて、今日は家庭用洗濯洗剤「All things in Nature」の開発者のお話しを少しご紹介します。

地域通貨の研究者。

昨日、一昨日と東京の法政大学大学院生で地域通貨を研究している木村君が1泊2日で南伊豆まで来てくれました。

アイデア次第ですね。

ジャーン!どうでしょう?ビーチグラスもひと手間加えるだけで立派なものに変わります。

カクテルコンクール。

その昔、サーフタウン辻堂で「ビーチグラスという名のオリジナルカクテルのコンクール」を催したことがあります。参加者は、現役のバーテンダー2名、若き頃にバーテンダーを経験したことのある75歳くらいだった司じい、そして僕の4名。

下田市のサーフショップでもビーチマネーが使えます。

昨日、下田市多々戸のビーチにあります「バグース(サーフショップ)」に足を運んできました。サーファーの方なら、とても有名なお店ですよね。日本ナンバー1の大野マー(プロサーファー)は、ここ出身のサーファーです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ