10月10日付けの南日本新聞にマイポケのことを掲載していただきました!

ビーチマネーの活動がちょうど10周年目になった2016年に街のゴミ拾いをする際にとても便利な「My Little Pocket(マイポケ)」を制作しました。

「何で街のゴミ拾い?」と思う方もいるかもしれませんが、街のゴミもやがては海に流れ着くのです。

「ならば、ゴミが川や海に流れる前に、街のゴミ拾いもしよう!」と動き始めた・・・ということになります。

2016年1月当初は世界的に有名なGIVENCHY(ウルトラマリンの企画にて)さんに寄附をいただき、5,000枚のマイポケを制作&無料配布させていただきました。

その後、在庫が無くなり、ビーチマネーから制作&発売を継続し、現在は1枚216円(税込)で全国のビーチマネーショップやビーチマネー事務局で販売をしています。

今回、マイポケのことが新聞に掲載されるのは初めてのことなのですが、鹿児島県最南端の与論島で海の清掃活動をはじめ、島の観光事業などにも力を入れている池田龍介くんの活動が記者の目に留まり、マイポケを紹介していただいたという流れのようです^^。

新聞には「吸い殻入れ」として紹介をしていただいておりますが、正確には、街(町)のゴミ拾い+自分で出したゴミを入れる携帯用の袋になります。

与論島で毎年行われている2017年3月に実施されたヨロンマラソンの参加者に配布する際の参加賞として、マイポケが見事採用され、与論島オリジナルのマイポケが5,000枚が完成し、その際のことを新聞に掲載してくださっています。

マイポケの活動は、まだ1年9ヶ月ほどですが、少しずつ少しずつ、日本全国で使ってくださる方が増えています。

ご興味ある方は1枚から購入もできますので、ビーチマネー事務局にお問い合わせください。

大切なことは、1日1日、少しずつ、笑顔で継続していくことだと思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

この記事の関連記事はこちら

このページの先頭へ