「うみのわvol.4」のレポート!

4月8日(日)、Tsujido Local Marketとコラボレーションさせていただく形で「うみのわvol.4」を開催いたしました。

当日は、天気は見事なまでの快晴で、本当にたくさんの人が来場してくださり(※辻堂海浜公園の集計によると5,000名ということです)、「さすがは、湘南!」というビックリするほどの来場者数でした。

ビーチグラスや貝殻や流木などを使った8つのワークショップも終日大盛況で、「ランチやお茶を飲む時間すら無かったです」と出店者全員が口を揃えて嬉しそうに言っていました^^。

本当に有難いことです。



さて、「うみのわ」としては、予定通り、辻堂海岸のゴミ拾いからスタートしました。この日の海岸はとてもキレイで目立ったゴミは特にありませんでした。日々、辻堂ビーチをクリーンナップしているローカルサーファーの方々の成果でしょうね(ローカルサーファーの方々の活動も少しだけ触れさせていただきました)。





その後、「日々の暮らしの中で、ちょっとしたことで、水と洗剤を節約できますよ!」といった実演をおそうじ学校の講師2名の方に教えて頂き、会場にいる皆さんと一緒にお皿に付けた口紅や油性マジックを、一般的な洗剤とビーチマネーのスポンサーであります洗濯用洗剤「All things in Nature」を15倍の水で薄めたスプレーを使って、汚れの落ち方の比較をしたり、その汚れを直接洗い流す前に、新聞紙を使った拭き取りの方法などを楽しく伝授してくれました。

大切なことメッセージは、『家の排水溝は、やがては、海へつながっている』という豊かな想像力を持つということです。

「排水は全て下水処理場で分解されるから、油でも何でも流してしまえ~!」というのは違います。

「家の中でできることはやりましょう。ちょっとした工夫やひと手間で、油や洗剤を排水溝へ流さずに済みますよ~」ということを講師の皆さんが親切にお伝えしてくださいました。

「うみのわ」の大切なメッセージは、正にココにあります。

海に漂着したゴミを皆で拾うことも大切。

そして、海に漂着した目に見えるゴミ、目に見えないゴミが、実は、私たちの日々の暮らしのから流れて来ていないかな?と想像し、考え、そのためにできることを実践していく・・・そういった「海との暮らし」を考えるキッカケにしたいと思い、毎年「うみのわ」を実施し、今年で4年目(4回目)となります。

さて、ラストは、お待ちかねの「第10回ビーチグラスコンテスト」です。

今回は第10回目ということもあり、優勝賞品が本当に素晴らしかったです!

9個の色違いのビーチグラス+1個の陶片を「うみのわ」のロゴに装飾してくださったもの。


今回の優勝賞品の制作者は、LCF(目黒線の大岡山駅から徒歩10分ほど)という装身具の店主の立川さんです。

毎回、思うことですが、これ、僕が欲しかったです!!!本当に・・・。

今回は超ラッキーなことに、いつもなら、50名ほどのエントリーがあるのですが、なぜだか、この日のエントリーはわずかに13名!

そして、見事、優勝を掴んだのは、過去4回のコンテストに参加にし、ようやく優勝することができた長谷川さん!

僕の好みをひたすらに研究し、「間違いなく、コレがビーチマネー事務局長(唯一の審査員)の好みだ!」とウラングラスが薄っすらと入った蛍光の黄色をしたベーゴマでした。

ちなみに、欠けている部分は全く無くて、まだコマとしてキチンと回りました。もちろん、表面や全体がしっかりと削れていて、正真正銘のビーチグラスでした。

ま~色々な意味で、とってもお見事なエントリーでした^^!

また、ビーチマネー事務局の顧問であり、ビーチマネーの生みの親でもあるがんこ本舗の”きむちん”も参加してくれて、本当に賑やかな一日となりました(僕ときむちんは、お揃いのビーチマネーのTシャツ)。

最後には、50名ほどの皆で、じゃんけん大会を5回ほどして、にこにこ農園からは分葱(わけぎ)、ムギナミベーカリーからはおさかなクッキー、Shop my crewからは子供サイズのTシャツ、スローヴィレッジからは洗濯用洗剤「All things in Nature」のボトルと詰替え、そして、ビーチマネー事務局からはビーチグラス入れの缶ペーンをプレゼントさせていただきました。

ビーチマネーを応援してくださっているスポンサーの皆様、いつも本当にありがとうございます。




これからも海のゴミ拾いを楽しくできる”ビーチマネー”の活動を全国に広めつつ、海につながる家庭でできる日々の暮らし方のご提案をこの「うみのわ」のイベントを通して伝えていきたいと思います。

また、来年のこの時期に、どこかの会場でお会いしましょう!

引き続き、ビーチマネーをどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ